タグ: 落ち着き

外科から内科へ転職して感じる傾向

外科で働いていた看護師が内科に転職することはしばしばあります。何が違うのかは実際に転職してみた人しかわからない部分もありますが、現場での落ち着きを得られたというのがよくある感想です。 一般的な傾向として、外科はやや殺伐とした雰囲気があって効率的な仕事の進行を重視するのに対し、内科の方が時間にゆとりを持ちながら仕事をしています。これは医療の性質による影響が大きく、手術によって短期間で素早く治療を達成しようとする外科では手際のよさが求められているのが現状です。それに対して内科では、じっくりと時間をかけて生活習慣の改善や薬物治療によって病気を改善させていくことを目指します。 忍耐力を持って患者の治療に努めることを求められるのが内科の特徴なので、働いている医療スタッフも慌てず落ち着いて一人一人の患者と向き合おうという気持ちが強いのです。場合によっては治療の見込みがあまりない患者もいて、延命治療やQOLの改善が最大目標となることがあります。このような現場では患者のペースに合わせて看護をすることが必須であり、QOLを高めるために積極的にコミュニケーションを行うことが欠かせません。 そのうえで重要な役割を果たしているのが看護師なので、内科に転職すると役割の違いを実感することになりやすいのです。ただ、外科と違ってそれほど焦らずに働ける現場が多いため、コミュニケーション面で負担があっても落ち着けるという印象を受けやすくなっています。