外来

内科に勤務する看護師の仕事

看護師の仕事の基本は診察を行う医師のサポートであり、これはどの分野の看護師でも同じです。内科に限定すると、勤務場所は外来か入院病棟かで異なります。 外来の場合は診察のサポート業務が中心で、待合室で待機している患者を診察室に誘導したり、聴診器を当てるときに服を持ち上げたりするのが一例です。医師の診察をスムーズに行うために先回りする行動が求められます。大きい病院では、診察の後に検査や入院の手続きを行うことも珍しくありません。このとき、検査や入院に関する補足的な説明を行ったり、検査を行う場所へ誘導したりするのも内科の看護師の仕事です。 内科の入院病棟で勤務する場合も医師のサポートが基本ですが、病棟では特定の患者を担当して体調の変化を観察するのが大きな仕事となります。毎日の検温や医薬品の提供などを行いながら、患者の様子を医師に報告するのです。患者の病状によっては、食事や排泄の介護を行う場合もあるでしょう。また、患者本人やその家族から問い合わせを受けることも少なくないので、担当医師とのパイプ役をこなす必要もあります。 勤務場所が外来であれ病棟であれ、一定の看護スキルが求められるのは当然ですが、コミュニケーション能力も大切です。具体的には、患者に優しく接するのはもちろん、薬や検査についてわかりやすく説明しなければいけません。また、病棟では24時間体制での看護が行われるため、同僚とのコミュニケーションも欠かせないのです。