転職

内科へ転職する際には

他の診療科から、内科への転職を希望する看護師は少なくありません。その理由として、内科で勤務することにより、さまざまな経験や知識を身につけることができるということに起因しているのではないでしょうか。看護師の転職をめぐっては、転職サイトや転職エージェントに依頼して活動するというケースが多いのも特徴です。なんといっても頼りになるのが、転職先を紹介する役目を果たす転職アドバイザーといえるでしょう。 転職アドバイザーは、常に多くの医療関係者と接触していることもあり、病院やクリニックなどの医療機関の採用状況について精通しています。内科や外科、小児科などの各診療科を限定しての転職活動でも、希望者の期待に応えることが可能です。転職アドバイザーの中には看護師として働いていた人もいるため、的確な助言やアドバイスを期待することができます。 看護師が内科を経験するのがいいとされる理由は、さまざまな対処法を学べるということもさることながら、患者やその家族への対応力も磨き上げることができるからです。患者の中には高圧的な態度をみせる人も多く、対応に苦慮するというケースも往々にしてあります。そういう意味では、多少の気の緩みは許されないという緊張感に苛まれる場合もあるでしょう。 何かと学ぶことが多い内科ですが、外科のように手術に立ち会うことはありません。この点については、看護師としてのスキルを向上させるにはマイナスだと感じる人もいるようです。